« SAITAMA CYCLE EXPO 2014 いってきました! | トップページ | ヒルクライマーのための秘密兵器。MAXXIS PROTOTYPE »

2014年2月18日 (火)

剛性抜群!プロ御用達ハンドル。ZIPP Service Course Bars

おはようございます。

 

カーボン全盛時代。

いまやツールを駆ける多くバイクはフルカーボン。

しかしそのバイクをよくチェックしてみると多くのライダーのハンドルはアルミ製のハンドルを使っています。

供給パーツメーカーが上位モデルカーボンハンドルを作っていながらもあえて、アルミを選ぶ理由はなんでしょうか?

 

重量、振動吸収性はカーボンに一歩譲りますが、アルミには剛性、落車時の安全性などいろいろなメリットがあります。

 

そのアルミハンドルもピンキリ。

今回はプロが選択するアルミハンドルのご紹介です。

 

 

Img_5016 

 

ZIPP Service Course SL SL88

 

実際にツールを走るプロ選手がこのモデルと同じハンドルを使用して、勝利を勝ち取っているこのサービスコースSL。

 

Img_5014
 

ハンドル形状は丸ハンドル。

クラシックタイプの丸ハンドルとは違い、ブラケットからスムーズなつながりを持たせることができるタイプ。

上は自然な握り心地、下のハンドルを握れば上体が前傾し、握りこめば上体をしっかりと固定できます。

 

Img_5004

 

 

最近、オーソドックスな形状となったコンパクトハンドルは、確かに手の角度が浅くてすむので楽かもしれませんが、ブレーキレバーまでの距離が遠く、決してコントロール性がよいとはいえません。

丸ハンドルをプロが愛用する理由のひとつでしょう。

 

Img_5017
 

バーテープを巻けば、高級感のあふれるグロスブラックにジップのロゴが輝きます。

プロ使用を考えてかロゴがメディアへ露出するようにダイナミックなデザインとなっています。

 

もちろん素材は7000番台のアルミ。

軽くて硬い素材を採用。

プロ仕様。

 

ZIPP 

Service Course SL

SL88 ポリッシュブラック

展示サイズ:400mm、420mm(C-C)

メーカー小売希望価格:14175円(5%税込み)

 

販売価格は店頭にてお確かめください。

 

憧れのプロと同じパーツでカスタム!

 

ご来店お待ちしております。

 

 

たかの

 

 

 

« SAITAMA CYCLE EXPO 2014 いってきました! | トップページ | ヒルクライマーのための秘密兵器。MAXXIS PROTOTYPE »

おすすめ・ナイスアイテム」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト