« 高次元で実現した最高の走行性能! cervelo NEW R3ついに入荷! | トップページ | 必見レアアイテム、今日の掘り出し物!DURA-ACE BB-7700 イタリアン »

2014年3月25日 (火)

ライドインプレッション!ホイールの真価はいかに?EASTON EC90 AERO55

おはようございます。

 

先日コチラでイーストンEC90 AERO55入荷のご紹介をしました。

 

Img_5092_2

 

ご覧いただきましたでしょうか。

 

Imgp1109

 

エアロ55、様々な商品研究の末、私のパートナーとなりました。

しかし、実際のところどのような特徴か、性能か、相性か。

その真髄に迫るにはライディングするしかありません。

 

今回はそれをお伝えすべく、簡単ながらライディングインプレッションをお届けいたします。あくまで私の感じた印象なのでご参考までにどうぞ。

 

Imgp1169

 

まず乗って最初に感じたのは高い剛性感。

踏んだチカラがそのまま地面に伝わるダイレクト感。

ホイールでショックを吸収する印象のモデルもありますが、エアロ55をはくと足回りがしっかりとしたカタマリ感のある乗り心地。路面の凹凸をバイクに伝える印象もございます。それをロードインフォメーションとするかただの振動とするかはライダー次第となってしまいますが。

29mm肉厚なリムと職人技の高精度が剛性感、カタマリ感をもたらしているようです。

 

硬いフレームに付けると巡航中もスプリント時も、とにかく進む乾いた踏み心地の仕上がり。

逆にコンフォートロードに付けると足回りを固めて、フレームでショックを吸収する、バランスの取れた乗り味となります。

エアロ55は組み合わせるバイクによってそれぞれのフレームのよさを引き立てられるホイールなのです。

 

Imgp1131

 

細かく見ていきます。

漕ぎ出し。

幅広リムでもっさりとした加速を予想しましたが、いい意味でそれとはかけ離れた加速感。

信号からのゼロスタートの踏み出しが軽く、ひとこぎ目からスーッと進む印象。

ホイールリム部の軽量化がスムーズな加速感をもたらしているようです。

サイクリングのゼロスタートで楽なのはもちろん、レースのスピードの上げ下げでも脚を使いすぎずにまわせます。

 

Imgp1243

 

エアロ55の最大の特徴でもあるエアロ効果は?

加速します。

 

驚いたことに、20km/hを越えたあたりからエアロ効果を体感。

向かい風が厳しいなかのライディングでしたが明らかに風をうまく受け流している印象。 

 

そこからさらに加速して38km/hを越えたあたりからペダルが軽くなる感覚がありました。高速巡航がやはり得意なよう。

 

ぐいぐい踏み込んでスピードを維持するのではなく、くるくる脚を回せばスピードを維持。そこから踏み込めばさらにビシッと加速。

高速域が楽しいホイール!ナイス。

 

Imgp1277

 

物見山をクライミング。

ケイデンスを稼いでテンポで登ると引っ張られる感覚があり、軽量ホイールに一歩譲ります。

一方で、トルクを掛ける登り方が得意なようです。物見山、某大学の橋を超えたあたりからの坂をダンシングで一気に駆け上がると明らかに掛かりが良く、グイグイと登ります。

 

富士ヒルクライムのようなコースよりは、鈴鹿サーキット、もてぎ、群馬CSCや修善寺のようなアップダウンが続くコースに強い、といったところでしょうか。

 

Imgp1271001

 

ダウンヒル、エアロ55の特徴を感じやすいロケーション。

脚を止めた状態で、同じ体格のライダーより明らかにすーっと前に加速します。

伸びが良いとはこのことかとあらためて感じられる瞬間でした。

正直、エアロフレームを導入するよりエアロ効果は感じられると思います。

それだけダイナミックなエアロ効果を体感できるホイールなのです!

 

 

ただ、ステアリングを切っていくと途中でカクンとハンドルが持っていかれる感覚がありました。

ナナメ方向10°~12°の間で空気抵抗がぐっと下がっているグラフがイーストンから発表されています。

この差が大きいとステアリング特性が変化することになります。

 

コレが影響してか風の方向が頻繁に変わるセクションやくだりの連続コーナーではハンドリングが敏感になるようです。ある程度乗ると身体が覚える特性です。

特徴を理解し、ホイールと仲良くなればほかのライダーより確実に早くダウンヒルでき、大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

Img_4953

 

カーボンリムで気になるブレーキング。

アルミリムとまではいきませんがカーボンリムの中ではかなり効きが良い部類に入ります。

急激なブレーキの立ち上がりはなくスピードコントロールも安定。くだりも安心です。

特に意識してブレーキシューに激しくトーインを付けなくともブレーキが鳴くことはありませんでした。

 

総合的に見ると、非常にバランスの取れたホイール。

癖がない、高剛性できびきびとした走り。

登りも下りも不得意なロケーションはなく、どこでも最高の走りができます。

このホイールに決めて正解。

平地では最高の巡航性能を。

アップダウンのある道では、クイックな登り心地を。

Img_5119001_2

 

今までの普通のホイールは物足りない。しかしバランスが良くて使いやすいホイールを求めるならばエアロ55でしょう。

イーストンは非常に製品耐久性が高いため、普段使いからこのホイールでもまったく問題ありません。

レースはもちろん、サイクリングも楽に安定して走れますね。

風に無駄な体力を奪われるのはもうやめましょう。

 

見た目もシンプルながらインパクトのあるデザインでバイク全体がしまります。

どんなバイクでもフィットすることでしょう。

 

ご参考までに今回のライディングで使用したバイクの簡単なスペックです。

 

Img_4955

 

フレーム:SCOTT FOIL PREMIUM

タイヤ:Vittoria CORSA CX 700×23c

ホイール:EC90 AERO55 TU

 

EASTON

EC90 AERO55 TU

メーカー小売希望価格:フロント 115,500円(5%税込み)/ リア 136,500円(5%税込み)

 

販売価格は店頭にてお確かめください。

 

ホイールは走りの要。

エアロ55で最新鋭のエアロ効果を体感してください!

胸を張っておススメ致します。

 

エアロ55についてさらに詳しくチェックしたい場合は店頭にてご案内いたします。

バイシクルセオ大宮店でお待ちしております。

 

たかの 

 

 

« 高次元で実現した最高の走行性能! cervelo NEW R3ついに入荷! | トップページ | 必見レアアイテム、今日の掘り出し物!DURA-ACE BB-7700 イタリアン »

おすすめ・ナイスアイテム」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト